デニム コーデ

デニムジャケットが主役の着こなし

アウター感覚で着られるデニムジャケット。Gジャンなどという呼び方でも呼ばれ、普段のコーディネートに良く取り入れられていると思います。

 

デニムジャケットはとても着回しやすくボトムをあまり選びません。女子にも大人気で、ボトムがパンツでもスカートでも合わせやすくかわいく仕上がると評判。そんなデニムジャケットは、もちろん男性にも人気ですが、合わせ方や着こなし方を間違ってしまうと、いわゆる「ダサく」なってしまうのも特徴のひとつ。

 

例えばこんな感じのベージュのデニムジャケットはどうでしょう。これはフェイクフードが付属されている、少し変わったデザイン。

 

インには流行のストライプシャツを合わせて。ボトムのスキニーデニムはブラックで引き締め、ブーツをジャケットと同じベージュであわせると、完璧コーデの出来上がりです。

 

写真のデニムのショップはこちら(メンズスタイル)

 

デニムコートを着こなして周りと差をつける

あまり見かけないデニムコート。

 

ショートジャケットタイプが良く知られているのとは反対に、ロングタイプはあまり着ている人も少ないよう。そんなアイテムだからこそ、着こなして周りと一線を画してほしいものです。

 

このデニムコートは十分に余裕のあるデザインながら、ストンと落ちるシルエットがとてもきれいで、ロングコート持ち味を生かしたアイテム。

 

1枚でも着られますが、パーカーと重ねると、ますますオシャレ度アップです。

 

インナーは、トップス、ボトムス両方ともブラックでまとめ、縦のラインを強調。すっきりと見えます。

 

写真のデニムのショップはこちら(スプートニクス)

赤のデニムジャケットを主役に

パーカータイプのデニムジャケット。フロントのステッチなども凝ったデザインになっています。

 

ここでのポイントはズバリ赤。デニムにありがちなブルーを捨て、大胆に赤に挑戦してみて。派手ではなく落ち着いた色合いなので、抵抗なく着られそう。まだ肌寒い季節にピッタリのアイテムです。

 

インナーのボーダーカットソーをチラ見せして、爽やかさを演出。

 

写真のデニムのショップはこちら(インフォアブソ)

爽やかさナンバーワンのホワイト

軽いライトオンスのシャツのようなショートデニム。涼しげに着こなすのが一番ですが、ほんの少しの工夫を。

 

あまりに爽やかなホワイトなので、インナーには少しクセのあるフェイクレイヤードのインナーを合わせて。

 

ボトムもラフさを出すのがポイント。足元はサンダルで仕上げてみて。

 

写真のデニムのショップはこちら(メンズスタイル)

ダンガリーデニムできちんと感を出す

ありそうでないダンガリー生地のデニムジャケット。ジャケットとはいえ、ダンガリー生地によって程よく力の抜けたカジュアルを演出できます。

 

ジャケットにも関わらず、選択できちゃうのもうれしいポイント。こんなナチュラルジャケットは、シャツを合わせきちんと感を。

 

デニムオンデニムもすんなりはまる、キレカジスタイルの完成です。

 

写真のデニムのショップはこちら(インフォアブソ)